2010年06月06日

更年期の不定愁訴

更年期障害の症状にはさまざまなものがあり、どの症状があらわれるかは個人により激しく分かれます。
また同じ症状でも、軽い人や重い人など、症状のあらわれかたも人によって全く違ってきます。
更年期障害の辛さは人には伝わりにくいとされているのは、そういったことが理由とも言えます。

それらさまざまな症状の中でも、更年期障害の症状としてよく言われるものに「不定愁訴」があります。
不定愁訴とは、「イライラする」とか「頭痛がする」、「疲れやすい」などの、身体の調子が悪いという自覚症状がありながらも、いざ検査を行ってみると原因となる病気が特定できないという状態を指します。
その自覚症状も多岐にわたり、安定せず、症状の出方が日により異なるということが多くなります。
このことがまた、更年期障害を一層辛いものにしている原因にもなっています。

不定愁訴の主な症状には、下記のような症状があります。
頭重、頭痛、のぼせ、めまい、ふらつき、動悸、息切れ、多汗、皮膚のかゆみ、食欲不振、下痢、便秘、入眠障害、早朝覚醒、浅眠、疲労感、倦怠感、イライラ感、不安感、緊張感、首や肩の凝り、腰痛、関節痛、眼精疲労、頻尿、冷え性など。

こうした症状は、自律神経系の乱れからくるものが多く、自律神経失調症の症状とも重なります。
更年期障害の治療にプラセンタが用いられるのは、プラセンタのもつ「自律神経調整作用」が、不定愁訴の軽減に効果を発揮するためとされています。


posted by ぷらぷら at 11:00 | TrackBack(0) | プラセンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。