2010年06月07日

簡略更年期指数

更年期障害の症状の程度をはかるものに「簡略更年期指数(SMI)」というものがあります。
症状の重さや、病院を受診する目安として用いられていますが、自分の症状が更年期によるものかどうかを知るためにも利用可能だと思います。

各症状の強さによる点数を加算して、その合計点で、更年期指数を評価していきます。
点数は、症状の出方の強い方から順に「強」「中」「弱」「無」となっています。
【症状】
・顔がほてる=10、6、3、0
・汗をかきやすい=10、6、3、0
・手足や腰が冷えやすい=14、9、5、0
・息切れや動悸がする=12、8、4、0
・寝つきが悪かったり、眠りが浅かったりする=14、9、5、0
・怒りっぽくなり、すぐにイライラする=12、8、4、0
・クヨクヨしたり憂うつになったりする=7、5、3、0
・頭痛やめまい、吐き気がよくある=7、5、3、0
・疲れやすい=7、4、2、0
・肩こりや腰痛、手足の痛みがある=7、5、3、0
【評価】
◆0〜25点
上手に更年期を過ごしています。
◆26〜50点
少し問題が出てきているようです。
食事や運動などに注意を払い、無理な生活はしないように気をつけましょう。
◆51〜65点
病院を受診し、専門医による生活指導や治療を受けることをおすすめします。
◆66〜80点
医師による長期的な治療をおすすめします。
◆81〜100点
全身の精密検査を受けることをおすすめします。

いかがでしたか。
不安のある方は、一度病院を受診されることをおすすめします。
病院での治療には、プラセンタの女性ホルモンの分泌促進作用を利用した、プラセンタ・エキスの注射薬「メルスモン」の投与などがあります。


posted by ぷらぷら at 11:00 | TrackBack(0) | プラセンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。